「弥勒寺子屋(みろくてらこや)」について

私たちは、もって生まれたモノ、食べてきたモノ、教えられてきたモノなどで、私たちらしい本質を持っています。

私らしさとは何か、それを活かせる環境はどうなっているのか。
これからの人生を生き抜くためにもっと自分を知り、
そして学ぶことでより豊かな生き方を創造していくことができるのではないでしょうか。

ビジネスに事業の色々な要素を学ぶビジネススクールがあるように、
人生を素敵にするために、自分らしく人生をつくりあげていく学び舎があってもいい。
弥勒寺子屋はそんな思いからはじまりました。

弥勒寺子屋は「これからの世の中で、素晴らしい人生を送るための多軸の教養」の課外講座を提供いたします。
人生の視座を広げて、少しずつ豊かな日常へと導く、珠玉の講座の数々。
素敵なワザやさまざまなスキル、また本質的な学識が身に付く講座など、様々な講座を展開してまいります。

弥勒寺子屋 手習師匠とのお話

かつて寺子屋では、先生を手習師匠(てならいししょう)と呼んだそうです。
手習師匠とのお話では、弥勒寺子屋の手習師匠として講座をもっていただく先生と、代表の上田祥子との対談をお楽しみください。
【第一回】米井嘉一教授(前編)同志社大学生命医科学部・アンチエイジングリサーチセンター
手習師匠とのお話

【第一回】米井嘉一教授(前編)同志社大学生命医科学部・アンチエイジングリサーチセンター